アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
特化した保険

医師と看護師と空

ここ数年、常に日本人の死因別のトップになっているのが悪性新生物(がん)です。
癌は全身のあらゆる部位に出来る可能性がある病気です。
治療法としては、現在のところ、手術療法や放射線療法、化学療法が主流で、がんの大きさや進行度、リンパ節への転移などの有無によって治療法は異なってきます。
現在では医学の飛躍的な進歩で、がんに対しても先進医療と言われる治療法が数多くありますが、これらの治療法は保険が適用されないものも多く、金銭的負担が大きくなる傾向にあります。
そのため、民間の各保険会社では、がんに特化した補償内容の保険を取り扱っているところが多くなっています。
補償内容は保険会社によって異なりますが、先進医療の治療代などが保障されるものも多くなっています。

現在では、民間の保険会社は国内の会社だけではなく、外資系の保険会社も数多くあります。
日本は国民皆保険制度が導入されているため、公的な医療保険に加入している場合には、医療機関で治療を行う際には自己負担額が治療費の1割から3割の支払いで済むようになっています。
ところが、がんなどの治療の場合、時には入院や通院が長引くことも少なくなく、たとえ公的保険に加入していても、医療費が大きな負担になってしまうことがあります。
これらの負担を補う目的で作られているのが民間の生命保険です。
生命保険では入院した場合には入院代として一日に決められた金額が支払われるようになっていたり、死亡時にはまとまった金額が補償されていたりします。

最近では各保険会社の補償内容も多種多様化しています。
従来は持病があったり、高齢の場合などは保険に加入できないことも多かったですが、現在ではそのような場合でも加入できる保険が増えています。
保険の種類は、生命保険以外にも損害保険や自動車保険など数多くあります。
人によっては色々な保険に加入していて家計を圧迫しているような場合もあります。
そのため、最近ではライフスタイルに合わせた保険の加入や見直しについて、アドバイスを行うことを目的とした相談窓口の会社が増加しています。
保険相談は主に、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持った専門家が、相談者のライフスタイルなどを聞き取り、適切な保険料や保障内容を提案してくれます。

オススメリンク

不死身の細胞と戦う

 癌の中には非常に危険な細胞があります。
それは普通のがん細胞ではなく、がん幹細胞と呼ばれるものです。
この細胞は抗がん剤も放射線も効かない不死身のがん細胞として知られています。Read more

細胞の働きをとめる

癌には普通のがん細胞とがん幹細胞があります。
例えば乳がんなどで、がんが血流にのって肺に転移した場合は、白血球などが活性酸素を出して、がん細胞を攻撃します。
しかしグルタチオンがRead more

関連リンク